今回のコンピュータサマースクールは、21世紀を担う子供達に、コンピュータの無限の可能性と楽しさを体験してもらうことを目的として開催されました。

また、夏休み中の大学キャンパスを活用することで、大学生と同じ環境で授業を体験できる機会を用意しました。


環境情報学部の大岩教授をはじめ、TA(アシスタント)8名が子供達の学習をサポートし、参加した子供達にとっても、またTAの学生達にとっても、貴重な3日間を体験することができました。

本ページに掲載している授業風景や子供達の声、運営スタッフからの声を通して、開催の様子を少しでも感じていただければ嬉しいです。
 
2000.08.31
運営スタッフ一同